About the products

幻の宇治茶NISHIKIEN

フレーバー煎茶 レモン

使われている煎茶は5月の始めの柔らかい芽のみを使用しています。製茶工場は農薬等が茶葉に移らないように、共同工場ではなく、錦苑のお茶のみを作る専用工場にて作られます。工場は非常に珍しいフローリングの床で衛生的。約40年間ずっと活躍している機械は毎日の作業終了後に約2時間かけて磨き上げられています。煎茶を作るのに「火入れ」という作業があるのですが、一般的な作り方は大きなドラムに茶葉大量に入れて高温で20分位一気に火入れを行うのですが、錦苑のお茶は、品評会に出す時に使う昔ながらの機械を使い少量ずつ火の入り具合を見ながら、上下の位置を変えながら約1時間の時を掛けて丁寧に火入れを行います。出来上がった煎茶は紅茶のティーブレンダーの元に渡り、フレーバ―ドされます。フレーバードで大事なのは煎茶の香りとフレーバーとのマリアージュが上手くいくかどうか。ティーブレンダーの経験と勘で、錦苑の煎茶に最適なフレバリングを丁寧に行います。錦苑の自然力で育った茶葉は柔らかく、フレーバーが葉の中にも入り込み、絶妙の風味を醸し出します。有機栽培のレモンのオイルでフレーバードされた茶葉は、本来の煎茶の豊な香りとレモンの爽やかな香りの相乗効果でとても華やかです。華やかなパーティーやフレンチの席でワイングラスに入れてお楽しみ頂けます。

 

フレーバー煎茶 レモン 50g入 1620円(税込)